過払い金の時効

過払い金にも時効があります。過払い金は返還請求すれば返還されますが、過払い金時効というものがあるので、過払い金時効を過ぎた後では返還請求はできなくなります。

時効は10年

過払い金の時効は10年で、、十年間何もせず放っておいた場合、、その権利がなくなります。

10年経過すると過払い返還請求を消費者金融等の金融業にしても請求が認められることは無いので注意しなければいけません。つまり過払い金を取り戻すことができなくなります。

この時効の起算日は過払い金が発生した時点からなのです

10年以上でも大丈夫な場合もある

ただし、過払い金が発生した後でも同じ契約が継続して取引が行われているような時は、すでに発生している過払い金も新たな借入れや借入金に充当されます。

新たな借入れと返済が続いている限りは時効が成立することは無いです。

昔に一度全部返済しても、その後にも同じ内容の契約で借金をした場合でも、一連の取引は続いているのですから時効は成立しないのです。

ようするに、取引が続いているうちは時効が成立しないのです。

ですので契約した時点にまでさかのぼって引直計算した過払い金は取り戻せると思います。

過去の借金などで過払い金があるかどうか調べるのは、自分でやるしかありません。

当然ですが、金融機関から、過払い請求をしてください、もうすぐ時効です。などの通知が来るわけではないので、自分で行動して取り返さなければいけません。

おすすめWEBサイト 5選

2015/9/16 更新

過払いマニュアルページTOPへ