グレーゾーン金利について

グレーゾーン金利とは?

グレーゾーン金利というのは利息制限法における上限金利と出資法における上限金利の差の金利のことです。

この2つの法律の金利の間にはとても大きな差があって、その間の金利のことをグレーゾーン金利と言います。利息制限法の金利の上限は下のように定められています。

10万円未満 年20%まで
10万円以上100万円未満 年18%まで
100万円以上 年15%まで

お金を借りるときに、この利息制限法の上限金利を超える約束をしたとしても、その利息は無効だと利息制限法第1条に定められているのです。 ですが、この上限を超えてしまう利息に設定をしたとしても罰則は定められてはいません。

また、貸金業規制法という法律では、一定の厳格な要件を満たすことを条件に利息制限法を超えている利息であっても有効になる場合もあると貸金業規制法第43条で定められているのです。

それに対して出資法の上限金利が年29.2%とされていて、この利率を超えて利息を取ると罰則があります。このような法律の矛盾点から最高20%の利息制限法の上限利率と29.2%の出資法の上限利率は違法でもなく合法でもない、つまり白でも黒でもないことからグレーゾーン金利と呼ばれているのです。

消費者金融やクレジット会社のキャッシングの利率の多くが、このグレーゾーン金利で設定しています。最近では大手クレジット会社等が、利息制限法の上限金利に設定金利をあわせていますが、キャッシング取引を過去に行っていたという場合には、任意で支払う必要がないグレーゾーン金利の支払いを続けていた可能性もあります。

グレーゾーン金利撤廃へ

金利を規制する法律が2つもあるのはおかしいのではないかという流れから、 2006年に、消費者金融など貸金業者への規制を強化する目的の貸金業規制法の改正案というのを発表しました。

2009年にグレーゾーン金利が撤廃される見込みです。これによって、グレーゾーン金利は撤廃になります。猶予期間で3年が設けられましたが、3年後にはグレーゾーン金利が撤廃れるとあって、一部の消費者金融会社などでは、利息制限法に合わせた金利を設定する所も出てきました。

グレーゾーン金利撤廃は

しかし、基本的にお金を貸すという行為というのは、貸したお金は返ってくるという信用関係の上で行われるものです。グレーゾーン金利が無くなると金利が安くなるメリットがあるのですが、その反面で、お金を返してもらわないと、貸す方は、お金が無くなってしまいますから、貸金業者としては、金利に見合う審査をするため、そして信用度の低い人にお金を貸すという事は、お金が返ってこないというリスクも必然的に高くなるので、お金を借りにくくなってしまうという事が予想できます。つまりグレーゾーン金利の撤廃で、急いでいる時に簡単に早く借りれるメリットが無くなってしまう可能性もあります。

グレーゾーン金利が無くなり、高い金利でお金を借りれなくなった場合に、信用度の低い人が、低い金利でお金を借りれるか言えば、なかなか上手くはいかないと思います。そうなってしまうと、信用の得られない人達は、お金を借りたい時に貸してもらうことができなくなります。

今までは、借りていた人たちが、お金を借りられなくてなった時に、その人達がお金を借りる事を簡単に諦めるでしょうか?お金が必要な時に、どこも貸してくれないとなった時、暗躍するのが、ヤミ金という意見もあるのです。お金を借りれない借り手を狙った、法律違反の上限金利を守らない貸金業者が増える可能性もあるということなのです。

また、今までの消費者金融も、金利の上限が下がってしまうと、その金利での対象人数が減ってしまいますので、商売と成り立たずに、貸金業者の多くが廃業するともいわれています。

どちらにしてもグレーな部分が残りそうです。

Valuable information

最終更新日:2015/10/21

過払いマニュアルページTOPへ